検査結果

昨日、MRIを持って今回のMRIの結果を聞きにいってきました。

結論から言うと、このまま痛み止めを飲みながら様子を見よう。とのこと。
最悪のことも考えていたから、まぁ、よかったのかな?

例の腫瘍は、依然ありました。
けど、
「去年と比べて大きくはなっていない。
しかも、腫瘍があるのは腰の左側。
神経が腫瘍によって圧迫されるとすれば、左足に症状が出るはず。」
私が痛いのは、右足。
と言うことで、腫瘍はどうやら関係なさそう。
では、なぜ痛いの?と問うと、
「腰からのびた神経の、末端神経のどこかが炎症を起こしているなり、傷ついてるなりしてるからじゃないか。」

と言うことで、今までもらっていた痛み止めで様子を見ましょうとのこと。
えぇーー。まだ我慢しなきゃいけないの?
とも思ったけれど、腫瘍が大きくなっていて、取らなきゃいけない。手術。ってなったら・・・。なんて考えてもいたから、とりあえず、よしとしなきゃ。

家に帰って、よく考えると、去年一番初めに行った整形外科で言われた、
”坐骨神経痛”・・・ようは、それだったってこと?
検査をして、腫瘍が見つかったから、それだと思いこんでいたからなぁ・・・。

お騒がせしました。
今も、痛いことは痛いし、根本的な治療はないんだから、痛さは変わらないけれど、一日も早く痛いのがなくなることを祈って、kazuの成長を見守っていきます。
[PR]

by nagomi-kana | 2007-06-16 07:41 | diary