迷い子

昨日、朝パパが出勤しようと外へ出たら、
「インコがいる」
っていうから見に行ったら、うちの敷地内の草むらの中に、ちっちゃなインコが紛れ込んでました。
飛ばなくて、ちょこちょこと歩き回っていて。
どこかから逃げて来ちゃったのかな?なんて言いながら、どうすることもできず、とりあえず家の用事を済ませて、kazuと一緒にもう一度見に行ったら、いない・・・
「どこかにいっちゃったのかな?」
なんて言っていたら、通りすがりの自転車の男の人が、ジャンバーにインコを捕まえてやってきて、
「これ、お宅がかってはる鳥?」
と、うちの車庫?と言ってもフェンスで囲ってあるだけの駐車場に放しちゃって・・・。

b0081852_14431041.jpg





どうやらこのインコ、足をけがしちゃってるみたい。
ひょこひょこと歩いて車の下に入って出てこなくなっちゃった・・・。
そのうち、車のホイルの中に入って、居心地良さそうに、その隙間から外の様子をかがっていました。
最初は、右後輪にいたのに、見るたびに、左後輪、右前輪と場所を変えて。
b0081852_1447051.jpg

あんまり車の下にいてても、かわいそうだし、と思って手を伸ばすと怖がって奥に入っちゃうし、どうしよう・・・と思って、とりあえず、ホイルの隙間から、パパが買ってきた”インコのえさ”を小さいカップに入れてそっと置いておいたら、その内寄ってきてぱくぱく食べていました。
とってもかわいい・・・。
助けてあげたい・・・とは思うものの、車を動かすわけにもいかず、何度か捕まえようと挑戦したけど、失敗。
その内、しゃがんで車の下をのぞきこんでいる姿勢がどうやら、腰に悪いらしく、足に激痛が走ったので泣く泣く断念しました。
kazuも、心配そうに、
「ちゅんちゅん、おうち入りやー」
「ちゅんちゅんまんまよー」
と声をかけてくれたけど・・。

パパの帰宅を待って、捕まえるしかないな。と思って、時々様子を見に行くものの、だんだん、車の奥へ奥へ行ってしまって、しかも、だんだん動きが鈍くなってきて・・。
でも、あたしが見に行ったり、kazuが、
「おいでー」
と声をかけると、逃げようとするのか、何とか体を動かそうとするし。
体力なくなっちゃう、と思って、驚かさないようにそっと様子を見てました。




パパが帰ってきて、改めて見てみると・・・・・動かなくなってしまっていました。
そーっと車を動かし、その小さな体をそっと持ち上げると、羽はだらんとして、目は開いたままピクリとも動きませんでした。
羽の黄緑と黄色は、とっても鮮やかで、今にも飛んでいきそうなのに、もう動くことはなくて・・・。
足を見てみると、1本がたぶん折れていたのかな?
どこかで、車にひかれたか、かわいそうに。
助けてあげられなくてごめんね・・・・。

kazuと一緒に、側の空き地(うちの敷地内)に、穴を掘って、草刈りした草を敷き詰めて、おなかが減らないようにえさも一緒に、そっと埋めました。
あたしが育てたお花を上に供えて。
kazuにとって、生き物の命の勉強になったかな・・・。と思ったけれど、まだよくわからないようで、
「ちゅんちゅん、おうちはいる?」
と聞いていました・・・。
「ちゅんちゅん、もうお目々覚まさないんだよ、まんまんちゃんになっちゃったの」
と言うと、お墓に向かって、
「まんまんちゃん」
と、していました。
わかってるのかどうなのか。

生き物を飼うのって、人間の身勝手なことだなぁ、と改めて感じました。
飼うなら、命に対する責任をしっかり持っておかなきゃいけないな・・・。

b0081852_15255976.jpg実はうちは、金魚を飼っています。
パパの趣味で、「らんちゅう」だったかな?
私は、全然金魚のことはわからないし、パパまかせなんだけど、これも、命。
責任を持って飼わなきゃいけないな。

kazuは、朝、よく水槽の前に行って、
「おとと(お魚の意)、おはよー」
と言っています・・・
[PR]

by nagomi-kana | 2007-07-21 15:27 | diary